かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

リベリオン

 こんばんわ、かりんとです。今日は打ちっぱなしでゴルフの練習をしてサウナ入ってマッサージして映画を観て帰ってこようと思ってましたが、打ちっぱなしに着いてから携帯電話を家に置いたままだったことに気づきまして。家に取りに帰ったら、もうお出かけする気分にならなくなったので、終日ゴロゴロしていました。まぁ、こんな日もいいんじゃないかと(´ω`)

youtu.be

youtu.be

リベリオン-反逆者- [Blu-ray]

リベリオン-反逆者- [Blu-ray]

 

 YouTubeに予告が2パターンあったから、両方貼ってみました。Bの方がいいね。予告は情報少なめがいいんですよ。

 これ、以前から観たいと思っていたのですが、近所のTSUTAYAでも見つけられずiTunesでも探し出せず、ソフトを買うしかないのかなぁと思っていたらNetflixにありました。嬉しかったです。カウチに座ってポテトを食べながら観ていました。

 評価:☆☆☆☆☆(五段階評価中)

 面白いですね。これは面白かったです。クリスチャン・ベールが若いですね。監督のカート・ウィマーって聞いたことないなぁ。

 ストーリーは、よくあるSFデストピアです。というか、『THX1138』と『1984』を足して2で割ったような内容です。

THX-1138 ディレクターズカット [Blu-ray]

THX-1138 ディレクターズカット [Blu-ray]

 
プレミアムプライス 1984 [DVD]

プレミアムプライス 1984 [DVD]

 

 ビッグ・ブラザーからファーザーに変わってはいますが。ただ、前述の二つの映画と違って、同じ管理社会なのにコチラの方は管理が緩めです。詰めが甘いです。違反者も増えて当然です(・ω・`)

 とにかくこの映画は「ガン=カタ」に尽きるでしょう。その名の通り、「ガン(銃)」と日本武術の「カタ(型)」を組み合わせたモノで。監督のカート・ウィマーと殺陣を担当したジム・ヴィッカースが考案した、とwikipediaに書いてました。「ガン=カタ」という名前からして中二病が全開です。学力レベルの低い公立中学校の男子生徒が考えそうです。たぶん監督たちのアタマの中もそんなところでしょう。

f:id:ichiyos11:20161204211917j:plain

 でも、それをカッコよく映像化したのは素晴らしいです。しかもね、あのストーリーだと映画は重苦しい雰囲気になるのですが、そこにガン=カタのアクションが入ることによって閉塞感がブチ壊れるので、そこの気持ちよさも相まって超カッケェ!(゚∀゚)になるんですよ。ニヤニヤが止まりませんでした。

 ストーリーに穴が多いのは大目に見ましょう。もうちょっとクラリック同士のガン=カタを使ったバトルが観たかったような。それでも、とてもとても楽しい映画です。いい日曜日が過ごせました。超オススメです!