かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

ソラニン

 こんばんわ、かりんとです。昨日のブログに星をつけてくれた方、ありがとうございます。新しい映画をもっと観て、もっと語りたいのですけどね。なかなか時間を作り出せなくて(´・ω・`)

youtu.be

solanin-movie.jp

 これまたビミョーに古いヤツを。六年前になるんですね。映画館で観ました。

 もうね、宮崎あおいが可愛すぎなんです。宮崎あおいが目的で観に行った記憶があります。監督って誰だっけ?全然覚えていないや。あ、サンボマスターの人が出てたよね?

評価:☆☆☆☆☆(五段階評価中)

 いい映画でした。良すぎです。素敵すぎです。宮崎あおいがいいんです。この頃の宮崎あおいって、本当に可愛かったんですよ。とてもいい若手女優だったんですよ。今は似たような役ばかりやっているような気が。宮崎あおいが出る映画の予告は、だいたい彼女が泣きながら叫んでいます。

 映画を観た後に、原作マンガを読みました。原作もいいね。というか、映画はほぼ原作どおりです。全二巻だからねぇ。オレが見る限り、映画化によって原作の雰囲気を壊しているようには感じませんでした。

 仕事をしながらバンドもやる。どこまで夢を追いかけていいのか?よくある悩みです。オレもそんな時期がありました。バンドじゃなくて格闘技でしたが。まぁ、若い時は悩んでばかりですから。悩んで選んで迷走してもいいんです。遠回りなんてないのです。たくさん後悔すればいいですよ。それが必ず糧になります。今振り返れば、そう思える自分がいます。

 終盤のライヴでの宮崎あおいの歌、オレは良かったと思います。歌が上手いとかではなく、良かったです。あそこでヘンに歌が上手だったらダメでしょう。必死さが伝わればOKなんです。「もっと歌の練習してから出てこい。」と叩いていた人もいたけど、全くもってお門違いです。

f:id:ichiyos11:20161213195937j:plain

(C)浅野いにお・小学館/「ソラニン」製作委員会

 とてもいい映画でした。誰が観ても楽しめる映画だと思います。ストーリーもわかりやすいし。観たことがない方は、ぜひ。オススメです!