かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

地獄でなぜ悪い

 こんにちは、かりんとです。昨日のブログに星をつけてくれた方、ありがとうございます。

 今日のお題の映画は『地獄でなぜ悪い』です。2013年に公開された映画。園子温が監督・脚本を務めたコメディ映画です。

youtu.be

play-in-hell.com

 映画館で観ました。監督は園子温。『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』など、色んな話題作を撮っている監督です。でも、オレはこの作品が初めて観る園子温でして。パッと見て、クセの強そうな作品ばかりじゃないですか。だから避けてきた部分が。観るのに体力使いそうだもの(´△`)

 園子温監督の嫁は元グラビアアイドルの神楽坂恵です。TVドラマ『みんな!エスパーだよ!』にも出演してましたね。安田顕におっぱいを弄ばれていました。

f:id:ichiyos11:20170217205930j:plain

 映画監督ってサ、自分の作品に嫁を出してエロい役をやらせることが多くない?アレって何なの?見せびらかしでしょ?「あの女優、エロいでしょ?アレ、ウチの嫁なんですよねぇ。」みたい。ああ、そうさ。ウラヤマシイさ。ムッキー!ヽ(`Д´)ノ

評価:☆☆☆☆(五段階評価中)

 うーん、面白いような面白くないような。微妙かなぁ?うん、かなり微妙。著名人が絶賛しているけど、そこまででもないと思います。後半のブッ飛び具合はステキだけどね。じゃあ、何で星を四つもつけているんだって?それは後ほど。

 えーとね、ひとつひとつの場面は面白いです。いい絵を観せてくれます。でも、それがうまく繋がっていないような。予告にあった面白い場面に行くまでがタルいの。で、そこからまた面白い場面までがタルいの。面白さが続かないのです。だから全体的に冗長な感じがするのですよ。

f:id:ichiyos11:20170217205610j:plain

(C)2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

 役者も豪華で、みんなハッチャケているのも感じられます。みんな楽しそうに演じているよね。でも、それが映画の面白さに直結するワケではないのよね。残念です(´・ω・`)

 この映画は、二階堂ふみの可愛さと堤真一の顔芸と長谷川博己の狂気と星野源のエンディング曲のおかげで成り立っているともいえます。ここらが抜けてたら、超駄作になるんじゃないかと。星野源の素晴らしいエンディング曲、貼っておきますね。

youtu.be

 いろんな役者が出演している今作ですが、その中でも二階堂ふみが素晴らしいです。ズバ抜けています。とにかく二階堂ふみですよ。彼女はイイです。超イイです。

f:id:ichiyos11:20170217205645j:plain

(C)2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

 大きく開いた胸元とお尻が見えそうなホットパンツで暴れまわる二階堂ふみ、もうサイコーです。惚れちゃいましたね。この映画の二階堂ふみを3人ぐらい用意したら、小さめの国家なら征服できるでしょう。よく意味の分からない例えですが、それだけ二階堂ふみが魅力的なんですよ。異論は認めんぞ、オラ!(゚∀゚)

f:id:ichiyos11:20170217205705j:plain

(C)2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会

 二階堂ふみを堪能したい方には、うってつけの映画でしょう。そうでないなら、無理して観なくても。二階堂ふみがステキだから星四つです。満点はやりすぎですので。彼女がいないなら星一個しかやらねーよバカヤロウ。そんな映画です。二階堂ふみが登場する場面だけを繋げたバージョンを作ってください。園子温監督、よろしくお願いしますm(._.)m