かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

夜は短し歩けよ乙女

 こんにちは、かりんとです。

 今日のお題の映画は『夜は短し歩けよ乙女』です。2017年4月に公開された映画。森見登美彦の同名小説のアニメ映画化した作品です。

youtu.be

kurokaminootome.com

 先週の木曜日に映画館で観ました。ちょうど時間が空いていたので「今から待たずに観ることができる映画はないかしら?」と探したところ、この映画がヒットしまして。場内には若い人が何人かいましたね。ぶっちゃけ、お客さんはあまり入ってなかったです。若い人数名とオッサンが一人ぐらい。ハイ、私です(´-ω-`)

 原作小説は未読です。それどころか、森見登美彦の小説は読んだことがありません。そういや、来場者特典として小冊子をもらいました。この映画のスピンオフ小説のようです。まだ読んではいませんが。

f:id:ichiyos11:20170429110611j:plain

 その2、と書いていました。つまり、その1があるワケで。ファンは何度も足を運ばないと全てを手に入れられないのです。ファンからお金をむしり取るつもりですね。おっかない((((;゚Д゚)))))))

 この映画の制作はサイエンス SARUというところが行なっています。監督の湯浅政明が社長を務める会社です。最近できたのでしょうか?聞いたことのない会社です。

f:id:ichiyos11:20170429013018j:plain

 この会社ロゴはかなりどうかと思うのですが。アレでしょ?口のあたりとかモロじゃなくて?このキャラが動いているところなんか、弁解のしようがないぐらいに似ています。ネズミーの会社からクレームは来ないのかしら??(・ω・`)

評価:☆☆☆☆☆(五段階評価中)

 予備知識が全くナシで観たのですが、とても楽しめました。最初の数分で「あ、この絵柄は合わないかも。」と心配になったのですが。でも、軽快なストーリー運びに乗せられて、最後まで楽しく観ることができました。

f:id:ichiyos11:20170429104745j:plain

(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

 ただね、このノリについていけるかどうか。楽しめるかどうかはソコなんです。最初の数分で「このノリについていけない。」と感じたら、最後まで置いてけぼりにされてしまうと思います。人を選ぶ映画でしょう。

f:id:ichiyos11:20170429105659j:plain

(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

 内容を超ザックリと説明すると、妄想こじらせ男子大学生のお話です。オレも大学生の頃は〝先輩〟と似たような妄想をしてましたので理解できますが、きっとリア充メンにはワケがわからないと思います。あと、こんなこじらせ男子の妄想に女の子はついていけるんでしょうかね?ここらのこじらせ方は性別を問わないモノなのでしょうか?

f:id:ichiyos11:20170429105443j:plain

(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

 〝乙女〟と呼ばれる女の子が可愛かったですね。アレです、童貞こじらせ男子が絶対好きになるタイプの女の子です。そう、オレもこんな女の子が好きです。いつまでも見ていたいと思ってしまう、そんなキャラクターです。

f:id:ichiyos11:20170429105429j:plain

(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

 とにかく、人を選ぶアニメ映画ですので。予告編を観ただけでは、その独特な世界観を感じ取ることは難しいでしょう。ハマれる人はガッチリとハマると思います。オレはドンピシャでしたね。興味のある方は、ぜひどうぞ。