読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

第9地区

 こんにちは、かりんとです。

 今日のお題の映画は『第9地区』です。2010年に公開された映画。『エリジウム』や『チャッピー』を撮ったニール・ブロムガンプ監督の長編デビュー作品になります。

youtu.be

第9地区 (初回限定生産) [Blu-ray]

第9地区 (初回限定生産) [Blu-ray]

 

 iTunesでレンタルして観た記憶が。かなり話題になった映画ですね。色んな人が絶賛しています。オレも観たい!と思いながらも、ずっと手付かずのままでした。

 監督はニール・フロムガンプ。後に『エリジウム』や『チャッピー』などを撮った監督です。『第9地区』が長編デビューだそうで。デビュー作でこんなに絶賛の嵐とはスゴイよねぇ。

エリジウム [Blu-ray]

エリジウム [Blu-ray]

 
CHAPPIE / チャッピー [SPE BEST] [Blu-ray]

CHAPPIE / チャッピー [SPE BEST] [Blu-ray]

 

評価:☆☆☆(五段階評価中)

 「人生ベスト3に入る映画!」などと絶賛する人が多いそうですが、オレはそこまででも。いや、良かったですよ。ただ、みんながいうほどに絶賛したい気分じゃないんですよね。

f:id:ichiyos11:20170508190429j:plain

(C)2009 District9 Ltd All Rights Reserved.

 あらすじは「地球に難民としてやってきたエイリアンと、それを抑圧する人類の対立をドキュメンタリー風に描いた作品。」というところ。wikipediaから拝借しました。重たそうなストーリーですが、ハデなアクションとブラックジョークも多いです。そんなに身構えて観る必要はないでしょう。

f:id:ichiyos11:20170508185049j:plain

(C)2009 District9 Ltd All Rights Reserved.

 オレ的に、この映画に対して二つの疑問があります。一つは「あの黒い液体は何?」ということ。もう一つは「すんげぇ破壊力の武器を持っているクセに、エイリアンが人間に対してあまり抵抗しない。」ということ。

f:id:ichiyos11:20170508185323j:plain

(C)2009 District9 Ltd All Rights Reserved.

 一つ目はまだいいでしょう。〝突然変異〟という便利な言葉で納得します。ただ、二つ目はチョット。これに対して、この作品を絶賛する人は「あれはエイリアン側の事情だから、人間がわかる余地はない。だから説明しなくても構わない。」とのこと。オレは全然納得出来ないね。アレでしょ?好きが高じてアバタもエクボだろ?

f:id:ichiyos11:20170508185329j:plain

(C)2009 District9 Ltd All Rights Reserved.

 それとね、この監督の撮る絵は汚らしいです。不潔感が漂っています。そこらが斬新といえばそうでしょうが。あとね、色んな部分で過剰すぎる描写なんです。やりすぎなのは嫌いじゃないですが、汚らしい+過剰描写=尋常でない汚らしさを感じます。映画を観ていて、こんなに汚さで不快な気分になるのは稀有な体験でしょうね

f:id:ichiyos11:20170508185649j:plain

(C)2009 District9 Ltd All Rights Reserved.

 色んな意味でとても斬新な映画だと思います。ただ、オレ的にはみんなが言うほどにアガれる映画じゃなかったです。と言いながらも、コレを観たのちに『エリジウム』や『チャッピー』を劇場で観ているから、そんなに嫌いでもないんですが。ニール・ブロムガンプ監督作品を観たことがない人は、一度観ておいたほうがいいでしょう。とにかく斬新ですので、一見の価値アリですよ。