かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

キック・アス

 こんにちは、かりんとです。

 本日のお題の映画は『キック・アス』です。2010年に公開された映画。マーク・ミラー原作の人気コミックをマシュー・ボーン監督が映画化した作品です。

youtu.be

キック・アス<スペシャル・プライス版>Blu-ray

キック・アス<スペシャル・プライス版>Blu-ray

 

 Netflixで見ました。マシュー・ボーン監督作品です。同監督が撮った『キングスマン』が超面白かったので、この映画も時間があれば見たいと思っていまして。

ichiyos11.hateblo.jp

 マーク・ミラーのコミックが原作ですが、脚本執筆とマンガの刊行が同時期に行われたそうで。『キングスマン』のときも、そうだった気がします。『300(スリーハンドレット)』のときも、そうだった気がします。マンガという良質な絵コンテがあると映画が作りやすいのでしょう。『マトリックス』を撮ったウォシャウスキー兄弟(今は姉妹)も、そんなコトを言っていた記憶があります。

マトリックス スペシャル・バリューパック (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

マトリックス スペシャル・バリューパック (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

 

評価:☆☆☆☆☆(五段階評価中)

 やっぱり『キングスマン』を撮った監督の作品です。とてもいい意味でやりすぎです。

f:id:ichiyos11:20170625144345j:plain

(C)KA Films LP. All Rights Reserved.

 やりすぎ度は『キングスマン』の方が上回っていると感じました。ただ、この映画はそのやりすぎアクションを11歳の女の子にさせているあたりが非常に斬新というか。序盤では「道徳的にどうかしら?」と思ってたのに、終盤には「いいぞ、もっとやれ!」に変わっている自分が怖いです(つ∀`)

f:id:ichiyos11:20170625144400j:plain

(C)KA Films LP. All Rights Reserved.

 とにかくね、この映画はヒット・ガールを愛でる映画です。クロエ・グレース・モレッツが魅力的すぎです。先日ブログに書いた『イコライザー』にも出ていましたね。この娘、本当に素晴らしいです。ちょっと口元が芦田愛菜っぽかったなぁ。芦田愛菜もこんな役をやればいいのに。

ずっとずっとトモダチ(初回限定盤)(DVD付)

ずっとずっとトモダチ(初回限定盤)(DVD付)

 

 ビック・ダディも良かったですね。ニコラス・ケイジがとても良かったです。あの温厚そうなお父さんに見えるけど狂気がじわりと滲み出ている演技、素晴らしかったですね。

f:id:ichiyos11:20170625144252j:plain

(C)KA Films LP. All Rights Reserved.

 主人公たち高校生のヘナチョコ具合も素敵でした。ギャングの息子の小賢しいオタク感も良かったです。愛すべきオタク達です。

f:id:ichiyos11:20170625145118j:plain

(C)KA Films LP. All Rights Reserved.

 素敵なキャラクターの多い映画でしたね。まぁ、全てがヒット・ガールの引き立て役になってしまった感もありますが。もう一度書きますが、クロエ・グレース・モレッツを愛でる映画です。その魅力を存分に味わって欲しいです。超オススメですよ!