かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

 こんにちは、かりんとです。一昨日のブログに星をつけてくれた方、ありがとうございます。4月25日と7月7日の記事に星をつけてくれた方、ありがとうございます。

 今日のお題の映画は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』です。2015年に公開された映画。マーベルコミックのヒーロー達が一堂に顔を合わせるアクション大作映画第二弾です。

youtu.be

 Playstation Storeでレンタルして見ました。最近、マーベル映画ばかり見ています。八月になったら『スパイダーマン:ホームカミング』が上映されるので、それまでに今までのを全部見ておきたいのですよ。

www.spiderman-movie.jp

 で、今作は前の『アベンジャーズ』と同じくアイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカが一挙に登場するアクション超大作です。とにかくメンツが豪華です。そして、今回もよくわからないキャッチコピーがついています。

f:id:ichiyos11:20170730184022j:plain

 愛を知らない非モテは関係ないとでも?あと「世界を滅ぼすのはアイアンマン」と書かれているのですが。アイアンマンをやっつけたら世界平和なのかな?迷惑なヒーローですね。

評価:☆☆☆☆(五段階評価中)

 面白かったです。面白かったけど、オレは『アベンジャーズ』のほうが好きですね。「人工知能が襲ってくる!」というネタは飽きてきましたので(;´Д`)

f:id:ichiyos11:20170730205043j:plain

(C)Marvel 2015

 映画を見て、何で世界を滅ぼすのがアイアンマンなのか、わかりました。今作のボスキャラの人工知能ウルトロンはアイアンマンが作ったから。しかも、その人工知能を使って量産型アイアンマンを動かし悪人を見つけてやっつけるつもりだったとか。それって『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でキャップが頑張って壊したシステムじゃないか。アイアンマン、酷すぎです

ichiyos11.hateblo.jp

 まぁ、アイアンマンの気持ちもわからなくないけどね。「やるな!」と言われたら、やりたくなるタイプの人間でしょう。目の前にある好奇心をそそる対象に対して、抑制が効かなくなるの。「このボタンを押すと、大変なことになるよ。」と言われたら、押してはいけないとわかっていても押したくて押したくてウズウズしてしまう。うん、オレもそんなタイプです(ノ∀`)

f:id:ichiyos11:20170730204546j:plain

(C)Marvel 2015

 今作でもハルクが滅茶苦茶に暴れまわります。ハンパない暴れっぷりです。それを止めるためにアイアンマンが開発した対ハルク用アイアンマンスーツ『ハルクバスター』というのが出てきます。これを使ってのアイアンマンとハルクの戦いが超面白いです。もう、このアクションシーンだけを1時間ぐらい引っ張って欲しいぐらいに。アレは本当に楽しかったですね。

f:id:ichiyos11:20170730204147j:plain

(C)Marvel 2015

  そのハルクとブラック・ウィドウがいい感じの仲になっていきます。マーベル映画には珍しい恋愛要素が入ってきます。その光景を見たキャップが「キミたち、自分の気持ちに正直になりなさい。」とアドバイスをしてきます。童貞のくせに。真面目でナイスガイのキャプテン・アメリカなのですが、最近はイラッとさせる場面がよくあります

f:id:ichiyos11:20170730204749j:plain

(C)Marvel 2015

 最初の方に書きましたが、人工知能が敵というのがイマイチのれなかったですね。スケールが小さく感じてしまって。敵ロボットも人間にアッサリ負けるぐらいに弱いし。ウルトロンはマーベルコミックでは有名な敵だそうですが、もっとこう、絶望感を与えるぐらいの強さを見せてほしかったですね。

f:id:ichiyos11:20170730204342j:plain

(C)Marvel 2015

 まぁ、それでも十二分に楽しめましたがね。最後に前回の『アベンジャーズ』のときと同じく、サノスが登場していました。この次のアベンジャーズでは出てくれるでしょう。これ以上引っ張られるのも困りますし。次のアベンジャーズにも期待していますよ!