かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

スパイダーマン:ホームカミング

 こんにちは、かりんとです。一昨日のブログに星をつけてくれた方、ありがとうございます。

 今日のお題は『スパイダーマン:ホームカミング』です。2017年8月に公開された映画。マーベルコミックの『スパイダーマン』の実写映画化で、今作で二度目のリブート作品になります。

youtu.be

www.spiderman-movie.jp

 映画館で観ました。2D字幕版です。IMAX3D版もあったのかな?このテの映画は可能な限りIMAX3D版で観たいのですが、地元にはソレを上映できる映画館がないのですよ(´・ω・`)

 アメコミに疎いオレでも、さすがにスパイダーマンは知っています。サム・ライミが監督した『スパイダーマン』は観ましたね。最初のヤツだけですが。あのスパイダーマン、結構面白かったよね?続きの二作品も観たいと思いながらも未鑑賞のままです。近いうちに観ておきます。

スパイダーマン [Blu-ray]

スパイダーマン [Blu-ray]

 

  アメージングのほうは観てませんが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を絡めてリブートしたということは、アメージングはイマイチだったのでしょうね。予告を見る限り、面白そうなんだけどなぁ。 

youtu.be

評価:☆☆☆☆☆(五段階評価中)

 面白かったですね。うん、とても面白かったです。ただ、MCUを絡めての作品なので、MCU初登場の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を観ていたほうが圧倒邸に楽しめます。で、『シビル・ウォー』を観るなら~、となるとマーベル地獄に引きずり込まれるワケで。ディズニーの罠ですね

ichiyos11.hateblo.jp

 『シビル・ウォー』でスーパーヒーローと戦ったスパイダーマンは、ヒーロー集団アベンジャーズに入りたくて仕方がない。でも、アベンジャーズのリーダー格のアイアンマンことトニー・スタークからは「下町の平和を守れ。」と言われて大きな事件には手を出さないよう命じられます。

f:id:ichiyos11:20170813104611j:plain

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

 でもね、高校生の若さあふれるスパイダーマンが素直に従うわけもなく。そこから何やかんやとありつつも、スーパーヒーローとして成長していく姿が描かれています。まぁ、若いときって、そんなモンですよ。「オレは何でも出来る!」と思って調子こいてたら、自分の手に余る事故が起きて痛い目に遭う。オレにもそんな痛い思い出、ありますよ(ノ∀`)

f:id:ichiyos11:20170813104636j:plain

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

 今作のスパイダーマンは、今まで作られたスパイダーマンと違ってとても明るい印象があります。高校生だから、当然ながら高校生活が絡んで来るワケで。勉学に励んだり部活で頑張ったりイベントやパーティーに参加したり。好きな女の子のお父さんと対峙したりも。もうね、ヒーロー映画というより青春映画です

f:id:ichiyos11:20170813104510j:plain

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

 敵キャラもね、ヒーロー映画にありがちな「世界の破滅」とか「人類の滅亡」とか、そんなのが目的ではなく。ただの武器密売組織です。ビジネスのために頑張ります。しかも社長は現場主義で、自ら材料の調達に動いたりします。雰囲気が小規模の建設会社っぽいです。会社のために自ら現場に出て奮闘する社長。それを演じるマイケル・キートンがまたいいんだ。ちっとも憎めない敵キャラでした。

f:id:ichiyos11:20170813104436j:plain

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

 とにかくね、物語に重たさをなくそうとしているんですよ。父親に秘密があったとか育ての親の叔父が死んだとか、過去五作品のスパイダーマンでは重要となった要素も全く語られません。それどころか、クモに噛まれて能力を得たとかの経緯もすっ飛ばしています。映画が始まった時から既にスパイダーマン。「新しいスパイダーマンの青春映画を楽しもうぜ!」という製作陣からのメッセージではないでしょうか?

f:id:ichiyos11:20170813105605j:plain

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

 この映画でオレ的に気になったのがウェブ・シューターです。あれって、スパイダーマンの体内で作られて手首から出るモノだと思っていたら、今作ではそうじゃないようで。ピーター・パーカーが化学の授業で作って、それを飛ばす機械に詰めて使っていたのね。体内で作られて手首から出るのはサム・ライミ版だけの設定みたい。いくら頭がいいからって、あんな特殊なモノを高校生が化学の時間にアッサリ作れるのは無理があります

f:id:ichiyos11:20170813104349j:plain

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

 スパイダーマン初心者やヒーロー映画を見たことない人でも楽しめる作品ではないでしょうか?ただ、スパイダーマンのことを全く知らないという人にはキツイかも。基礎知識だけでも、ネットで調べておいてから観るべきでしょう。最高に楽しい映画でした。超オススメですよ!