かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

そして父になる

 こんにちは、かりんとです。一昨日のブログに星をつけてくれた方、ありがとうございます。

 今日のお題の映画は『そして父になる』です。2013年に公開された映画。主演の福山雅治が初めて父親役を演じることで話題になった映画です。

youtu.be

そして父になる Blu-rayスタンダード・エディション

そして父になる Blu-rayスタンダード・エディション

 

 映画館で観ました。お客さん多かったなぁ。福山効果かしら?カップルが多かったと記憶しています。

 監督は是枝裕和。最近では『海街diary』や『海よりもまだ深く』が話題になりましたね。今作が初めて触れる是枝作品でした。

 主演は福山雅治、尾野真千子、リリー・フランキー、真木よう子。福山と尾野、リリーと真木が夫婦役で、この二組の夫婦とその子供達で話が進んで生きます。

f:id:ichiyos11:20170823171748j:plain

 ただ、テレビで福山雅治が「ちょっとこの映画の家族は極端すぎますが。」と言ってたので、もしかしたら地雷を踏むんじゃないかと心配になっていました。

評価:☆☆☆☆(五段階評価中)

 良かったですね。うん、いい映画でした。ラストはウルっときちゃいましたし。

 ただ、煮え切らない気持ちもありまして。ラストはさぁ、アレはどっちの展開にも行ける流れなんじゃね?でも、明確な答えなんて出せないよなぁ。アレで正解なのかもしれない。

f:id:ichiyos11:20170823175404j:plain

(C)2013「そして父になる」製作委員会

 傲慢な福山が凹まされていくのが、ちょっとかわいそうに見えました。リリー&真木夫婦に「二人ともコッチに譲ってくれませんか?」と言った後に、手痛いしっぺ返しを喰らうところとか。ただ、リリー&真木夫婦はちょっと美化しすぎだと思います。「お金はないけど愛情でカバー」みたいなのを強調しすぎな感じが。

f:id:ichiyos11:20170823175417j:plain

(C)2013「そして父になる」製作委員会

 ラストでの、福山が子供へ自分の想いを吐露するシーン、良かったですね。アレ、福山のあのキャラだからこその話しかけだったと思います。黙って抱きしめるだけでもいいと思うんだけど、福山のキャラだと理屈から入らないと気持ちが収まらないタイプだと思うので、あれで正解でしょう。

f:id:ichiyos11:20170823174911j:plain

(C)2013「そして父になる」製作委員会

 もし、自分が福山の立場だったら?育てたほうを取ります。〝血〟よりも〝知〟かな?オレの想いを受け取ってくれるなら、それでいいよ。オレも女房も40代半ばになろうとしているので、実子を得るのが難しい状態なんだ。でも、先ほどの理由から養子でも全然構わないと思っています。女房は「お腹を痛めた子供じゃないとイヤだ!」と拘っているけどね。
 話がソレました。子供がいないオレが、この映画の内容についてアレコレ言う資格はないかも。でも、とてもいい映画だと思います。興味がありましたら、ぜひ。