かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

マイティ・ソー バトルロイヤル

 こんにちは、かりんとです。

 今日のお題の映画は『マイティ・ソー バトルロイヤル』です。2017年11月に公開された映画。マーベル・コミックの作品『マイティ・ソー』を原作とする実写映画化の第三作目となります。

youtu.be

marvel.disney.co.jp

 映画館で観ました。それも初日の朝一番の上映で。空いている時間がソコしかなかったの。休日の朝一番は子供連れの家族がたくさんいて大変です。チケット買うだけでも一苦労です(´Д`)

 『マイティ・ソー』シリーズの第三作目です。今作をイキナリ観るのはちょっと厳しいと思います。とはいえ、マイティ・ソーだけを観ていたら何とかなるような作品でもなく。MCUですからね。クロスオーバー作品ですからね。本当は『アイアンマン』以降のマーベル映画を全部見ておいたほうがいいのですが、観るのが面倒な人は『マイティ・ソー』シリーズと『アベンジャーズ』という作品は観ておいたほうがいいでしょう。これで何とかなりそうかと。

アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]

アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]

 

 主演はクリス・ヘムズワース。他も役も俳優が変わったりはしていません。監督はタイカ・ワイティティ。南の国の人っぽい名前。ニュージーランド出身だそうで。全然聞いたことのない監督だなぁ。

評価:☆☆☆☆☆(五段階評価中)

 めっちゃ面白かったです。正直、前作のダークワールドがイマイチだったので期待をしてなかったのですよ。あの映画、途中で寝てしまったし。でも、今作は『マイティ・ソー』シリーズの中でイチバン好きな作品になりました。

ichiyos11.hateblo.jp

 今作は完全にコメディです。SFアクションっぽいけど、コメディ。ゴミだらけの惑星からの流れは『フィフス・エレメント』っぽかったです。

フィフス・エレメント  スペシャル・エディション [Blu-ray]

フィフス・エレメント スペシャル・エディション [Blu-ray]

 

  話の本筋は結構重たい内容なのですが。この映画の原題は『マイティ・ソー バトルロイヤル』ではなく『マイティ・ソー ラグナロク』だそうで。ラグナロクは「神々の運命」という意味で、北欧神話の世界における終末の日のこと、とwikipediaにありました。つまり、神たちの終焉についての映画なのです。

 絶望的な強さを誇るケイト・ブランシェット。その彼女とどう対峙していくのか?ケイト・ブランシェットが悪役であることも含めて、よくあるお話ではありますが。

f:id:ichiyos11:20171112153344j:plain

(C)Marvel Studios 2017 All rights reserved.

 でも、フツーなら悲壮感漂うお話になりそうなのに、今作ではそうではなく。軽いノリで進んでいきます。この感じがとてもいいんです。クリス・ヘムズワースの持つ筋肉バカ感もいい具合に働いています。

f:id:ichiyos11:20171112153410j:plain

(C)Marvel Studios 2017 All rights reserved.

 なので、前作のダークワールドが好きだった人には、今作はお気に召さない可能性が高いです。オレみたく前作はダメ!と思った人は、今作はドツボがもしれません。それに、今作ではソー達を神様っぽく描いてないと感じました。どちらかというと、めっさ強い宇宙人という立ち位置な感じ。うん、神様よりもそのほうがわかりやすいと思います。

f:id:ichiyos11:20171112153427j:plain

(C)Marvel Studios 2017 All rights reserved.

 文句を言えば、グランドマスター役のジェフ・ゴールドブラムかな?いや、ハマっていたとは思うけど、もっとムチャクチャやって欲しかったです。ゲイリー・オールドマンを見習って欲しいです。そういや、この人、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーにも出てなかったっけ??

f:id:ichiyos11:20171112153829j:plain

(C)Marvel Studios 2017 All rights reserved.

 ホント、面白い映画でしたよ。単純に楽しめます。超オススメ。新アベンジャーズ、どんなになるんだろう?今からとても楽しみです。