かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

 こんにちは、かりんとです。12月19日のブログに星をつけてくれた方々、ありがとうございます。

 今日のお題の映画は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』です。2017年12月に公開された映画。SF映画の金字塔『スター・ウォーズ』シリーズの八作目となる作品です。

youtu.be

starwars.disney.co.jp

 映画館で観ました。公開された二日後の日曜日に。お客さん、結構いましたね。この映画でお客さんが入ってなかったら映画業界もうオシマイでしょう(つ∀`)

 監督が今作はJJからライアン・ジョンソンに変わりました。たしか『LOOPER/ルーパー』の監督でしたね。あの映画、結構好きです。「タイムパラドックスについては説明したくない!」と登場人物に言わせてツッコミを受け付けないという強引な手法には驚かされました。

ichiyos11.hateblo.jp

 アレもたしかにSFですが、スター・ウォーズとはかなりテイストの違うSFです。しかもこの監督、まだそんなに映画を撮っていないよ?そんな彼にスター・ウォーズの監督を任せるだなんて大胆すぎるというか。

 キャストは前作とほとんど同じ。ハリソン・フォードはいません。ハン・ソロ、死んじゃったしね。あと、レイアを演じるキャリー・フィッシャーがお亡くなりになりました。これは映画の中じゃなくてリアルで。今作での登場シーンは全部撮った後でのコトだったので、映画公開には支障はなかったようです。合掌(-人-)

f:id:ichiyos11:20171226195029j:plain

評価:☆☆☆☆(五段階評価中)

 面白かったです。面白かったけど、いつものスター・ウォーズとはかなり違っていると感じました。というか、ライアン・ジョンソンの色が強くない?

f:id:ichiyos11:20171229194055j:plain

 『LOOPER/ルーパー』にもあったコメディ要素が、今回のスター・ウォーズにも多く盛り込まれていたような気がします。ああいうのも好きだけど、スター・ウォーズの世界観に合っているかというと、どうなんだろう?

f:id:ichiyos11:20171229194927j:plain

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 スター・ウォーズが大好きな人ほど、今作に対して批判的なのはソレが原因だと思います。「あんなのスター・ウォーズじゃない!」と言いたくなる気持ち、わからなくもないです。

 そんないつもと違うスター・ウォーズの中で、いちばん良かったのはルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルですね。あんなにチャーミングな役者とは思ってなかったです。ライアン・ジョンソンが渡したシナリオに対して反発してたそうですが、かなり楽しそうに演じていたように見えたのですけど。

f:id:ichiyos11:20171229195004j:plain

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 あと、まさかレイアに男塾オマージュをさせるとは思いませんでした。アレもライアン・ジョンソンの悪ふざけじゃないかな?ハリソン・フォードがいなくてよかったね。彼のような気難しい人にあんなギャグっぽいことやらそうとしたら、きっとボコボコにされますよ。

f:id:ichiyos11:20171229195104j:plain

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 ライアン・ジョンソンの経験不足が原因でしょうか?映画全体の作りに雑なところが目立ちました。面白そうなキャラを出しているのに、イマイチ使いこなせていないところとか。可愛いポーグはマスコット止まり、黒いBB-8は出番少なすぎ、ベネチオ・デル・トロの無駄遣いなど、色んなキャラを作ったのはいいけど完全に持て余しています

f:id:ichiyos11:20171229195158j:plain

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 反乱軍のシナリオは、もうちょっと何とかならなかったの?ポー・ダメロンが本当にダメロンなんですよ。フィンも前作以上に役立たずです。アジア人の女の子が頑張っていましたが、やること全て無駄骨です。そもそも、軍隊内での意思疎通ができていません。みんな好き勝手なことをやって、どんどん自滅していきます。こいつらのどこが〝希望〟なのかと。

f:id:ichiyos11:20171229200121j:plain

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 でもね、こうやって文句を書いていますが、観ているときはやっぱり楽しいんですよ。ルークがR2-D2に「ずるいぞ。」と言うシーンは本当にずるいと思いました。迫力あるAT-ATの大進行も超ずるいです。ああいうシーンを見せられたら幸福感で胸がいっぱいになるじゃないですか。もうね、これは『スター・ウォーズ』というブランドのチカラでしょう。

f:id:ichiyos11:20171229200840j:plain

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 しかもね、ラストのバトルがとても良かったんですよ。たしかに「フォースがあそこまで出来るというのはどうなの?」という意見もありますが、カッコよければノー問題です。あのシーンは本当に良かったですね。アレのおかげで、今まで感じていたモヤモヤが全部吹き飛んでいきました。体良く誤魔化された気もしますが

 今作のスター・ウォーズのテーマは【新しい世界の創造】だと感じました。古い世代は退場し、新たな世代が台頭してくる。映画的表現の上手い下手は別にして、そこはちゃんと伝わってきました。これからのレイの成長とカイロ・レンの行く末も、とても気になります。

f:id:ichiyos11:20171229201314j:plain

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 でも、次回作はもっとシナリオを練りこんでから作りましょう。二年ごとに一本新作を作らなければならない、というワケじゃないんでしょ?だったら、時間がかかってもいいからシナリオをしっかり練り込もうよ。次は最終章。期待していますから!