かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

レディ・プレイヤー1

 こんにちは、かりんとです。

 今日のお題の映画は『レディ・プレイヤー1』です。2018年4月に公開された映画。アーネスト・クラインの小説『ゲームウォーズ』をスティーブン・スピルバーグ監督により映画化されたSFアドベンチャーです。

youtu.be

wwws.warnerbros.co.jp

 映画館で観ました。IMAX3D字幕版だったような。このあたりで映画をたくさん観ているから、記憶が混同しています(;´Д`)

 監督はスティーブン・スピルバーグ。この映画の少し前から上映している『ペンタゴン・ペーパーズ』も彼が監督。もしかして同時進行で撮っていたのかなぁ?めちゃくちゃハードなんじゃなくて?

pentagonpapers-movie.jp

 主演俳優は誰だかよくわかりません。日本人も出ていたけど、よく知らない人。オレが知らないだけで、アメリカでは有名な役者さんばかりかも。それとも、映画の多くはVRの世界でCGにより描かれるのだから有名な役者でなくてもいいんじゃね?という考えだったりして(・ω・)

評価:☆☆☆☆☆(五段階評価中)

 明るいほうのスピルバーグ作品です。手堅い面白さです。誰が観ても楽しめる作品かも。

f:id:ichiyos11:20180511205732j:plain

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 色んな映画やアニメや漫画やゲームのキャラクターが出てくるのですよ。でも、それらが何かわからなくても楽しめるようにはなっています。ここらがスピルバーグのスゴイところだと思います。

f:id:ichiyos11:20180511205748j:plain

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 といいつつ、中盤のシャイニングネタはどうだろう?アレ、あの映画を知らない人だとワケわかんないと思うのですが。知っている人には楽しめるでしょうけど、知らない人だと置いてけぼりをくらってポカーン( ゚Д゚)になっちゃいそう。

シャイニング [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

シャイニング [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

 あとね、オッサンへの接待が過ぎるというところも。40~50代のオタクのオッサン達が喜びそうなモノをたくさん出してくれます。それも過剰なくらいに。40~50代のオタク達にとっては満漢全席みたいな映画だと思います。

f:id:ichiyos11:20180511205758j:plain

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 まぁ、明るいほうのスピルバーグですから、間違いなくハッピーエンドです。大方の予想を裏切らない内容のハッピーエンドです。オタクが狂喜する映画のように取り上げられていますが、オタク文化に疎くても全然楽しめると思います。オススメですよ!