かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

シン・ゴジラ

 こんばんわ、かりんとです。夜中の更新。前回のブログに星をつけてくれた方、ありがとうございます。

 眠いけど、休日最後の更新をしておきましょう。

youtu.be

shin-godzilla.jp

 公開してすぐに観に行きました。監督は庵野秀明です。もう有名すぎるアニメ『新世紀エヴァンゲリヲン』の監督でもあります。大の特撮好きだそうで。島本和彦の漫画『アオイホノオ』に出てくる庵野ウルトラマンのエピソードにあるように、特撮をやらせると凄いのを作りそうです。なので、期待値はかなり高かったです。

評価:☆☆☆☆☆(五段階評価中)

 かなり面白かったよ。あんな見せ方があるんだなんて、予告からは想像もつかなかったです。あと、出演している役者の数、すんごく多くない?

 実はオレはゴジラ弱者でして。ゴジラは渡辺謙が出ていたハリウッド版しか観ていないです。アレはゴジラが人間の味方のような描かれ方でしたが、今回のは完全に人間の敵です。そのゴジラを食い止めるまでの過程が面白かったです。
 オレが観たハリウッド版ゴジラは違和感がありました。人間の味方みたいな描かれ方をしてるけど、人がかなり死んでいるし。ゴジラとコミュニケーションが取れるわけじゃないし。それなのに人間の味方だなんて、よくわかんないよ。アメリカンは自分の身が大丈夫だったら、その辺を気にしないのかい?
 ゴジラは、今作のような「人類の脅威」という感じがオレにはしっくりきます。しかも、最初っからゴジラが出てきて暴れまわり、そのテンションがずっと続くので、中弛みもなく終わりまでハイテンションで楽しめました。
 特撮もかなり凄かったです。予告を観た時は、ゴジラの着ぐるみ感が強いと感じましたが、映画ではそんな風に見えなかったです。特撮に関しては、かなりレベル高いんじゃないかな?と思います。

f:id:ichiyos11:20170106005459j:plain

(C)2016 TOHO CO.,LTD.

 今回のゴジラは、オレみたくゴジラ弱者ほど楽しめるんじゃないかと。ゴジラシリーズを全部観ている人なんかは、やっぱりデジャブなところがチラホラあったと言ってました。まぁ、それでも楽しかったと言っているので、そんなに気にしなくてもいいかもね。今年、映画館で観ておくべき映画でしょう。まだ上映しているところも多いんじゃないかな?オススメですよ!