かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

ウォッチメン

 こんにちは、かりんとです。4月27日のブログに星を付けてくれた方、ありがとうございます。

 今日のお題の映画は『ウィッチメン』です。2009年3月に公開された映画。アラン・ムーアの名作グラフィックノベルを、『300/スリーハンドレッド』などを監督したザック・スナイダーが映画化した作品です。

youtu.be

ウォッチメン アルティメット・カット版 [Blu-ray]

ウォッチメン アルティメット・カット版 [Blu-ray]

  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: Blu-ray
 

 プライムビデオで観ました。前から気になっていた映画ではあります。前からずっと観たかったんだけど、長いのよコレ。劇場公開版で163分、特別編で215分もあります。日曜日のお昼から予定を何も入れず、準備万端で特別編のアルティメット・カット版を鑑賞しました。

 『ウォッチメン』を今観たい!と思った理由は、ドラマ版の『ウォッチメン』が放送されるから。

  先日、町山智弘さんが紹介していたのを聞いて「これは面白そうだ!」と思いまして。コレを観る前に、予習として映画版をチャックしておきたかったのですよ。

miyearnzzlabo.com

 ホントは原作のグラフィックノベルを読みたいのだけど、売っていないんだよなぁ。これも464ページとボリュームたっぷりです。長けりゃいいってモンでもない気がしますが

WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)

WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)

 

評価:☆☆☆☆☆(五段階評価中)

 面白かったです。かなり好き。調子がいいときのザック・スナイダーの映像が堪能できるのもステキです。

f:id:ichiyos11:20200524214704j:plain

(C) 2008 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. WATCHMEN and all related characters and elements are trademarks of and (C) DC Comics.

 でも、巷の評価は低いみたいで。「イカが出ないから」だって。何ソレ?別にいいじゃないか。その程度の原作からの改変は。原作を読んでいないからナントモカントモだけど、オレ的には映画版でノー問題だと思います。『ウォッチメン』というタイトルが生きてくるラストだと思いました。

 オジマンディアスの人物像について、もう少し掘り下げて欲しかったです。あんまり傲慢さを感じなかったから。でも、それをやると今以上に長くなるのか。それもどうなんだろう(´-ω-`)

f:id:ichiyos11:20200524215023j:plain

(C) 2008 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. WATCHMEN and all related characters and elements are trademarks of and (C) DC Comics.

 気になる点が。ドクター・マンハッタンがフルチンでいること。服を着ることもあればパンツ履いていることもあるけれど、基本フルチンです。しかもモザイクなしです。ムケています。歩くとスティックが揺れます。それどころか、ボールポーチもしっかり揺れます。別に下半身映さなくてもいいじゃねぇかと。気になって映画の内容がアタマに入ってこないんですよ(´・ω・`)

f:id:ichiyos11:20200524214415j:plain

(C) 2008 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. WATCHMEN and all related characters and elements are trademarks of and (C) DC Comics.

 あとで調べてみたら、別にこの映画を知らなくてもドラマは楽しめるようでして。ドラマのために観る必要はないようです。どっちかといえば、原作のグラフィックノベル版を読んでおくとわかりやすいかも。

 まぁ、そんなことヌキでも、とっても面白かったので観て欲しいです。ちょっとグロいシーンも多いですが、『300/スリーハンドレッド』が大丈夫なら問題ナシでしょう。長いのは耐えろ。オススメですよ!