読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

アウトバーン

映画

 こんにちは、かりんとです。以前、ここらに「読みやすい文章を書きたい。もっと勉強しないと。」ということを書きました。でも、読みやすい文章って勉強で手に入るモノじゃないような気もします。国語的に正しいかどうかよりも、文章の流れがスムーズかどうかでしょう。そこって、センスのみが問われる部分じゃないかと思うんです。まぁ、このことはいつか雑記にまとめて書いてみたいです。

youtu.be

autobahn.asmik-ace.co.jp

 iTunesでレンタルして観ました。去年の6月に劇場公開されてたのね。ちっとも知らなかったです。

 主演はニコラス・ホルト。見たことがあるなぁ、と思ったら『マッド・マックス 怒りのデスロード』のニュークスでした。白いのがないと誰だかわからないです。で、恋人役はフェリシティ・ジョーンズ。ローグ・ワンの主役です。この人、すんごく可愛いんだけど、印象に残らない役者だなぁ。『(500)日のサマー』のヒロインに似てなくない?

f:id:ichiyos11:20170111174756j:plain

(C)2015 IM GLOBAL FILM FUND, LLC ALL RIGHTS RESERVED

評価:☆☆☆(五段階評価中)

 まぁ、期待以上でもなければ期待はずれほどでもなく。そんな程度の面白さでした。

 映画の解説に「速度無制限の高速道路=アウトバーンを舞台に描くカーアクション作品。」とありますが、そんなに高速道路を走ってはいません。映画のタイトルにもしているのに。ちなみに原題は『Collide』です。“衝突する”という意味だそうで。コレもコレでインパクトの弱いタイトルです。

 カーアクションはなかなかの迫力があります。でも、そこまでカーアクションのシーンがあるワケでもなく。高級車がいくつも登場しますが、それらがハデにブッ壊れたりもしません。ニコラス・ホルトが「V8!V8!V8!」と連呼したり「What's a lovely day!」と絶叫したりもしません。って、それ映画違うし(・ω・`)

f:id:ichiyos11:20170111174651j:plain

(C)2015 IM GLOBAL FILM FUND, LLC ALL RIGHTS RESERVED

 ストーリーからして、どっかで見たことのあるような内容なんですよ。だったらカーアクションてんこ盛りにするとか高級車をバンバン壊すとかやって欲しかったなぁ。せめて映画『トランスポーター』ぐらいはやってくれないと。

 あ、敵ボスのアンソニー・ホプキンスは良かったですね。ほどよく怖いです。ただ、カッコ良さ気なセリフが多い割に、それが物語にあんまり繋がってないのがナントモカントモ。

f:id:ichiyos11:20170111174555j:plain

(C)2015 IM GLOBAL FILM FUND, LLC ALL RIGHTS RESERVED

 文句ばっかり書きましたが、映画そのものは一定のクオリティには達していますので、観ていて退屈はしません。面白かったですよ。面白かったけど、特筆するところもないので星三つがいいところ。暇つぶしには丁度かと。観てソンはない映画です。