かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

ザ・コンサルタント

 こんにちは、かりんとです。昨日のブログに星をつけてくれた方、ありがとうございます。

 珍しく新作映画を語ります。先週末と今週末は観たい映画が目白押しです。ガンガン観ておきますよ。ワクワク( ゚∀゚*)

youtu.be

wwws.warnerbros.co.jp

 こないだの日曜日に観てきました。TVCMを見た女房が「行きたい!」というので。気にはなっていたのですが、どちらかといえばマーティン・スコセッシ監督の『沈黙』のほうが観たかったです(・ω・`)

chinmoku.jp

 CMを見る限り「ナメてた相手が実は殺人マシーンでした!」ムービーbyギンティ小林ではないかと。そーいう映画は好物です。ただ、CMでベン・アフレックが構えてたライフルって対戦車ライフルじゃなくて?フツー、暗殺者がソレ持つ??

評価:☆☆☆(五段階評価中)

 たしかに「ナメてた相手が〜」系だったけど、ソレ系映画で有名な『イコライザー』や『ジョン・ウィック』とはだいぶ毛色が違います。

 というかね、予告がおかしいんですよ。予告で言っている内容と映画本編がかなり違います。JAROにチクってもいいレベルです

 とりあえず、貼り付けたYouTubeの予告と映画本編で違うところを書いてみます。

  • 「本業、腕利きの殺し屋」⇨本業は会計士です。殺しの依頼は受けません。
  • 「裏社会の不正を暴く」⇨会計士ですから、監査して数字のおかしな箇所を指摘するだけです。
  • 「謎の掃除屋」⇨掃除しません。基本は専守防衛。たまに組織を壊滅させることがあります

 それと、予告で「なぜ◯◯なのか?」と派手に煽っていますが、理由を知ると「ああ、そうなのね…。」ぐらいの内容です。大した謎じゃないですよ。過大広告です。

f:id:ichiyos11:20170123203343j:plain

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 何よりも決定的な違いは、予告ではアクション映画のフリをしていますが、実はコメディ映画なのです。オレはそう感じました。思ってたよりアクションシーンが少ないですしね。

 まず、主人公のクリスチャンが人に対して異常に素っ気ないです。そして誰との会話もイマイチ噛み合っていません。あと、クリスチャンの行動ですが、過剰です。スナイプには威力がデカすぎる大口径ライフルを使うし、銃撃戦では倒れた相手を必ずヘッドショットでとどめを刺します。ヤリすぎです。笑わせにかかっているとしか思えません。うん、そーいうの、オレは好きですよ。いいぞ、もっとやれ!です(・∀・)

f:id:ichiyos11:20170123201437j:plain

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 監査のシーンも面白かったですね。会計士であるクリスチャンが、ある大企業の監査をします。経理担当のアナ・ケンドリックと珍しく噛み合う会話もします。あの場面は、帳簿がわかる人なら面白いんじゃないかと。わからない人にはサッパリでしょうが。オレ?わかりましたよ。簿記三級に二回落ちていますけどね( TДT)

 ただ、横領の手口がわかりづらいです。「なぜ横領をしたのか?」「横領した金をどうしたか?」もキチンと説明してくれません。ここら辺はもっと練り込んで欲しかったなぁ。「大胆かつ巧妙な横領の手口!それを追求するコンサルタント!」というのが見たかったです。後から思うに、どうやら<自閉症=数字に強い>としたいがための会計士の設定ではないかと。自閉症がみんなレインマンというワケじゃないんですけど。

レインマン MGM90周年記念ニュー・デジタル・リマスター版 [Blu-ray]

レインマン MGM90周年記念ニュー・デジタル・リマスター版 [Blu-ray]

 

 クリスチャンのストーリーとは別に、クリスチャンを追う財務省の話が平行して進みます。この話がかったるいというか。ツマラナイんですよ。そしてジジイの喋りがムダに長いです

f:id:ichiyos11:20170123205859j:plain

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 しかもメインのストーリーに絡んでこないし。あんだけ調べておいて、何ですかその展開は?クリスチャンの過去について語りたかったんでしょうけど、もっと上手な方法はなかったのかなぁ?

f:id:ichiyos11:20170123210021j:plain

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 そしてクライマックス。想定外のコトが起こります。「ソレを今やるの?」というようなコトです。完全に予想外でした。呆気にとられました。いい意味じゃなく、どちらかといえば悪い意味のほうです。

 この映画、変な映画ですよ。ヤフー映画では結構高い評価が付けられていましたが、信用してはいけません。「ハンデのある人への優しいメッセージが感じられる。」とか書いているヤツがいたけど、製作側はそこまで真剣に考えていないと思います。アレだけフザケておいて、そんな真面目なコトを言われてもねぇ(・ω・`)ゝ

 アクション映画のつもりで観に行くと、確実に肩透かしを喰らいます。うーん、人に勧めづらい映画ですね。まぁ、笑えるところもありますし、終盤のアレは呆気にとられますので、そこらに興味が湧いた方は観に行ってはいかが?