かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

 こんにちは、かりんとです。お昼に更新。明日は仕事ですが、終わったら『この世界の片隅に』を観に行こうか考え中です。このアニメ、とても評判が良いですね。でも、あらすじ冒頭の「1944年広島。」だけでオチが読めてしまいます。悲しい話なんだろうなぁ。泣いちゃうんだろうなぁ。うーん(´・ω・`)

youtu.be

www.foxmovies-jp.com

 長いタイトルの映画です。監督は、前作と同じローランド・エメリッヒ。あ、今回はウィル・スミスはいませんよ。

 前作から20年経ちました。前作は観ました。とても好きな作品、というワケでもないですが、テレビでやってたら観てしまう映画です。やってたら観る映画です。

評価:☆☆(五段階評価中)

 まぁ、面白かったかな?歯切れの悪い評価です。予告編を観て、かなりワクワクしてたのですが。宇宙船デッカイね。スゴイよね。でもね、ワクワクポイントはそれぐらいかしら?
 前回は圧倒的な武力のエイリアンに現状の地球の技術でどーやって立ち向かうか?というのも楽しい部分でした。でも、エイリアンの技術を手に入れて20年経っています。技術革新しています。宇宙も自由に飛べています。だから、いろいろ工夫してアイツらやっつけようぜ!感はなくなっています。前作からのキャラも何人か出ているのに、大したアイディアも出しやしないし。

f:id:ichiyos11:20170106005038j:plain

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

 あとね、女王蟻システムはヤメましょうよ。女王倒したらオシマイみたいなの、飽きました。映画『エイリアン』シリーズから進歩してないじゃないか。もっといい案はないかなぁ?
 と、文句ばかり書きましたが、エメリッヒですから「絵」に関してはスゴイモノを見せてくれます。物語の展開も素早く、飽きさせません。まぁ、飽きさせはしませんが、関係ない話が多いのも気になります。あとね、エメリッヒの作品って、イイと思った作品でもビミョーに物足らなさを感じるんだよなぁ。映画『ホワイトハウス・ダウン』のときも、悪くはないけど何かが足りない感じでした。何でだろう??
 とりあえず、前作は観ておきましょう。実は前作を観ておかないとわかりづらい映画です。それさえクリアしておけば、誰でもソコソコ楽しめる作品だと思います。どうやら、また続編も作るそうですよ。次はJJあたりに監督をやらせたほうが良さそうな気もするけどなぁ(・ω・`)