かりんとの日記

主に映画について、たまには戯言をダラリと書きます。

メッセージ

 こんにちは、かりんとです。

 今日のお題の映画は『メッセージ』です。2017年5月に公開された映画。アメリカのSF作家テッド・チャンの短編小説『あなたの人生の物語』を原作とした映画です。

youtu.be

www.message-movie.jp

 映画館で見ました。結構TVCMを流していますね。それを見た女房が「見たい!」というので一緒に行くことに。実はオレもかなり気になっていたりも。

 監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ。聞いたことない監督です。発音が難しそう。『ブレードナンラー2049』の監督も務めるそうで。あの名作『ブレードランナー』の続編になるのですが、リドリー・スコットが製作総指揮をやるとはいえ、やっぱり「やめとけ。」という気持ちでイッパイです

youtu.be

 そして、主演はエイミー・アダムス。やっと年相応の役をやるようになったのか、と。彼女はもう若い男とイチャイチャする役はやめたほうがいいと思います。いくら若く見えるからと言っても限度がありますから

評価:☆☆☆☆☆(五段階評価中)

 とてもいい映画でした。だけど、どこから語ろうかしら?あまり深く話すと、すぐネタバレになってしまいそうで

f:id:ichiyos11:20170521124948j:plain

 とりあえず、CMの内容だと「エイリアンが侵略してくる!」みたいな映画に受け取れますが、そんな激しい内容ではないです。絵面から不穏な雰囲気を感じますが、とても静か映画なんです。なので『インディペンデンスデイ』のような映画が見たい!と思っている人は、この映画には全く期待してはいけません

インデペンデンス・デイ [Blu-ray]

インデペンデンス・デイ [Blu-ray]

 

 ざっくりしたあらすじを書くと、言語学者のエイミーが同じ学者でマーベル映画で弓引いてたおっさんと一緒に地球にやってきたエイリアンが示す言語を解析していく話、というところ。 

f:id:ichiyos11:20170521124927j:plain

 序盤にエイミーの娘が回想シーンに出てきます。この娘と、どうやら辛いことがあったようです。で、エイミーがエイリアンの言語を解析していくうちに、娘と過ごす回想が頻繁に入ってきます。「世界のためにエイリアンの言語を解析せねば!」という大きな目的の前に、エイミーの娘との関係という一個人の小さな世界の回想がねじ込まれます。

f:id:ichiyos11:20170521125057j:plain

 ここらで「何で身内の話が?」という疑問が浮かびますが、それには理由があります。映画の冒頭にエイミー自身が「これはあなたの人生の物語です。」と語っており、エイリアンとか出てくるけど、とてもミニマムな物語になっているのです

f:id:ichiyos11:20170521124904j:plain

 では、なぜエイリアンの言語を解析していくうちに娘との回想が頻繁になるのか?それはエイミーがエイリアンの言語を理解していくうちに、エイリアンの思考方法をも習得していくからです。〝言語相対性仮説〟と言われるモノだそうです。それがどのように影響していくかは、映画を見てからのお楽しみということで。

f:id:ichiyos11:20170521125025j:plain

 この映画、一度何が起こっているかを把握してから、もう一度見るとすんなり理解ができそうです。スルメ映画の類ですね。時間があれば、もう一度映画館で見たいなぁ。見終わった後、イチバン身近な人を優しく包み込みたい気持ちになりました。不思議な映画ですが、とても良い映画でしたよ。興味のある方は、ぜひ!